[恒星大気の物理学] 太陽大気の温度分布

太陽は我々に最も近い恒星で、有限の大きさに見ることができます。そのため、種々の波長の光に対して、周縁減光(limb-darkening, )とEddington-Barbier関係を使うことで、光球からの種々の高さに対する温度の情報を得ることができています。

Continue reading “[恒星大気の物理学] 太陽大気の温度分布”

[恒星物理学] 太陽より8~11倍質量の大きい恒星の進化

最期には超新星爆発して中性子星になる(と考えられている)

Continue reading “[恒星物理学] 太陽より8~11倍質量の大きい恒星の進化”