[恒星大気の物理学] 太陽大気の温度分布

太陽は我々に最も近い恒星で、有限の大きさに見ることができます。そのため、種々の波長の光に対して、周縁減光(limb-darkening, )とEddington-Barbier関係を使うことで、光球からの種々の高さに対する温度の情報を得ることができています。

Continue reading “[恒星大気の物理学] 太陽大気の温度分布”

[恒星大気の物理学] レポート課題 Solar limb darkening

問題です。ぜひ挑戦してください。

Continue reading “[恒星大気の物理学] レポート課題 Solar limb darkening”

[恒星大気の物理学] 基本方程式、静水圧平衡

恒星大気のモデルとは、大気内部の密度・圧力・温度などの物理量の分布と、表面から出てくる放射スペクトルを与えるものです。ここでは最も簡単なplane-parallelで静水圧平衡かつ放射平衡にあるLTEの大気モデルの計算方法と、その結果について見ていきましょう。

Continue reading “[恒星大気の物理学] 基本方程式、静水圧平衡”