[恒星大気の物理学] レポート課題、水素の電離温度

体積がで一定の簡単化した系を考えます。この場合、電子の数密度と電離した水素H IIの数の間にはの関係式が成り立ちます。また、電離してない水素と電離した水素の総数をとすると、は質量密度を用いてと書かれます。ここでは陽子の質量です。質量密度はA0星の典型的な光球の値であるを用います。

Continue reading “[恒星大気の物理学] レポート課題、水素の電離温度”

[恒星大気の物理学] 連続光に対するEinstein-Milne relations

bound-boundからbound-freeへの拡張。

Continue reading “[恒星大気の物理学] 連続光に対するEinstein-Milne relations”