[恒星物理学] Polytrope球の性質、平均密度

Polytrope球の表面での量は、恒星の種々の物理量と結びつけることができます。

平均密度はその定義から

と表されます。レーン・エムデン方程式に掲載した表から、ポリトロープ指数nが大きいほどが大きく、が小さいことがわかります。よってnが大きいほど、が小さい、つまり質量の中心集中度が大きいことがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...