[一般相対論] 重力波の振幅、四重極公式

どれだけ微小な振幅か、がわかります。

以前のページで、重力波が光速度で伝播する波であることは証明しました。では観測される振幅はどの程度のものなのでしょうか。今回は振幅を求めるために用いられる、四重極公式を導出しました。途中ダランベール方程式の解の導出を省いているので、そちらも参照してください。

 

式変形が長いため、今回も以下のpdfにそれをまとめました。ぜひご覧ください。

Download (PDF, 85KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...