[恒星大気の物理学] Microturbulence

観測的成長曲線の縦軸がであるのに対し、理論的成長曲線では

縦軸をずらして合わせることにより、つまりガス粒子の微視的運動の情報が得られます。これに対応する速度は励起温度に対応する熱運動速度

です。ここで、Aは質量数を表します。しかし、成長曲線から得られるは通常を大きく上回ります。このため、non-thermalな微視的運動として、microturbulenceを導入します。この運動は光子の平均自由行程よりも短いスケールで起こり、その速度は典型的な速度の周りにGaussian分布をすると仮定します。このとき

の関係となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...