[恒星大気の物理学] 恒星風の影響 P Cygni profile

恒星風が強い恒星のスペクトル線にはP Cygni profileと呼ばれる、front側でDopplerシフトして短波長側にずれた吸収成分と、halo側で散乱により生まれた輝線成分とが合わさった、特徴的な形態のスペクトル線が現れます(下図参照)。

実際の観測結果をさらに下図に示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...