[Mac設定] Macが遅いと思ったらFinderが原因でした。

まさかこんなにメモリを食っていたなんて。

どうもMac全体がもっさりと挙動が遅い、と感じたので「アクティビティモニタ」で何が原因なのかと見てみると、下の画像のような感じでした。

Finderが一番メモリを食っている。しかも桁違いに。ファイルを開いたりだけでなく検索機能など、なんだかんだ言って賢いFinderさん。一体どうしてこうなってしまったのでしょう。

調べてみると同様のお悩みを抱え、そして解決策を知っている先駆者の方々がおりました。この記事は、そんなFinderがメモリをたくさん食べてしまう問題を解決するためのメモです。

ズバリ答えは.plistを消去して再起動でした。その方法はターミナルにて

と打ってenterするだけ。最後のkillall Finderが再起動の呪文です。これで解決…と思いきやなんと再発の危険性があるそうです。それを防ぐ方法がこちら。

Finderの環境設定=>一般=>新規Finderウインドウで次を表示、を「最近使った項目」から変えておきましょう。

 

念のためMac自体も再起動。これで問題解決。

 

2 thoughts on “[Mac設定] Macが遅いと思ったらFinderが原因でした。

  1. ターミナルで入力するだけなんですね。
    この症状にずっと悩まされていましたが、おかげ様で解決できました。
    貴ブログの情報にすごく助けられたので、とりあえずコメントを残すまでです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...