[恒星大気の物理学] 全輻射補正(Bolometric correction)

星のスペクトル型(表面温度)によって、フラックスの波長または振動数に対する分布が異なるので、Vフィルターを通して測定した等級Vと距離から得られる絶対等級は、その星が放出する全エネルギーの大きさに対応していません。その星が全波長に渡って放出するエネルギーに対応する等級として、全輻射等級(bolometric magnitude) 

と定義されます。ここで現れるB.C.は全輻射補正(bolometric correction)と言われるものです。一般に全輻射等級の方が明るいはずですので、全輻射補正はマイナスの値として与えられることが多いです。下の図は色指数に対する全輻射補正の絶対値をプロットしたものです。全輻射補正は最小値(, F型)でゼロになるように定義されています。下の図のが太陽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...