[恒星大気の物理学] 種々の有効温度と表面重力に対する光球層

一般に、表面重力()が大きいほど圧力の高い光球層となっています。また、有効温度()が低いほどやはり圧力の高い光球層となります。下表の図は種々の有効温度と表面重力に対する大気のおよびでのガス圧と電子の分圧がcgs単位(dyn/cm^2)で記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...