[恒星大気の物理学] LTEとMaxwell分布

多くの場合、ガス粒子の平均自由行程は、恒星大気内で温度・圧力などの物理量が変化する距離に比べて非常に短いです。そのため、ガスの状態はそれぞれの場所の温度・密度に対する熱平衡状態(LTE: Local Thermodynamic Equilibrium)になっている場合が多いです。LTEの場合、ガス粒子の性質がその場所場所の温度・密度だけで決まるので取り扱いが簡単になります。

 

Maxwell分布

十分希薄な熱平衡のガスの運動は、Maxwell分布

で与えられます。このときのroot-mean-square velocityはです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...