[恒星大気の物理学] Radiative transfer eq. の形式的な解

源泉項がわかっている場合です。

Source function がoptical depthの関数として与えられている場合は、平行平板近似のもとで、Radiative transferの式を形式的に解くことができます(形式的な解と言われる所以は、本来はを得るためにはを知る必要があるからです)。Radiative transferの式より両辺にをかけて

のように整理ができます。両辺を積分して

…(1)

となります。第一項は光がに到達する間に受ける吸収の効果、第二項は光が到達する間に起こる発光の効果の吸収を足し合わせたもの、に対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...