[宇宙論] 粒子的地平線と事象の地平線

particle horizon & event horizon。

2つの地平線をご紹介します。

 

粒子的地平線

今までに粒子(光子)が到達できた最大の距離を意味します。つまり今までに情報交換ができた領域のことです。

 

事象の地平線

将来、無限の時間をかけて粒子(光子)が到達することができる距離です。

 

ここでは実際にとしてこれらを求めてみましょう。より、この場合n>1で加速膨張、n<1で減速膨張となります。

 

減速膨張宇宙の場合(n<1)

それぞれこのようになります。宇宙膨張の効果で粒子的地平線は有限の値になります。事象の地平線が無限大なのは無限の時間をかければ無限の領域まで到達できることを意味しています。

 

加速膨張宇宙の場合(n>1)

それぞれこのようになります。加速膨張ということは昔の宇宙が狭く、これまでは無限の領域と情報交換ができたことが粒子的地平線が無限大であることからわかります事象の地平線が有限なのは、これからは宇宙膨張によって有限の領域までしか到達できないことを意味しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...