[宇宙論] 光度距離

距離測定は大変です。その2。

絶対光度をL (erg s^-1), 見かけのフラックスをf (erg s^-1 cm^-2)とすると光度距離は

d_L を光度距離と定義します。

光源が単周波数νで光っているとします。その光源がdt間に出した光子の数はと書けます。距離rに観測者がいるとすると、この観測者がdt_0の間に受け取る光子の数は、受け取る時の光子のエネルギーをhν_0と書いて

と表現できます。, 赤方偏移より

と書けます。これが光度距離です。

 

e.g. ) アインシュタイン・ドジッター宇宙、の場合

なので

よって光度距離はとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...