[一般相対論] クリストッフェル記号の計算

もう一つの定義。

以前の記事でクリストッフェル記号の定義を”微分を表現する展開係数”と表現しました。しかしそれでは微分が登場するたびに、その空間の曲がり具合から定義を確認し直す必要があります。それではあまりにも面倒ですね。

そのためにクリストッフェル記号を計算して、その定義を見直すことにしましょう。具体的な計算はpdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 45KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...