[Mac設定] PATHを通す

LinuxやUNIX系を操るための基礎。

この度、MacのOSをYosemite(10.10)からHigh Sierra(10.13)にアップグレードしました。おかげさまで普通に使えています…と思いきや、なんとインテルコンパイラーが動かないではありませんか。

$icc

とターミナルでタイプすると”command not found”と出てしまいました。これはC言語マスターたる私にとって一大事。

探して見ると、どうやら(私の場合)

/opt/intel/composerxe/bin

の中にiccがあり、そこまでcdで移動して

$./icc

とタイプすると動いたのでした。つまりパスが通ってなかっただけの事なのです。ということで、この記事ではパスの通し方をメモしておきます。

 

vimやemacs, geditで.bashrc(普段使っているシェルがzshなら.zshrc)を開きます。そこに

### for intel compiler ###

export PATH=/opt/intel/composerxe/bin:$PATH

とタイプします。#はコメントアウトです。exportの部分が「ある場所までパスを通せ!」という命令になっています。今の場合、/opt/intel/composerxe/binのディレクトリにあるiccをどこからでも使いたいので、このように設定しています。最後の:$PATHはおまじないです。

最後にsource ~/.bashrcでその環境変数を読み込めばOKです。

 

これで貴方もLinux・UNIX設定の鬼。もう環境設定であたふたすることはありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...