[一般相対論] 共変微分

微分の定義が違います。

一般相対論では局所慣性系に移って物事を考えるたりするため、局所慣性系とそうでない場所での物理量の比較は困難です。つまり

のような微分の定義では、位置xが局所慣性系でも位置x+dxは局所慣性系でない場合があるので、整合性が取れなくなるというわけです。

今回はそんな微分のお話。ちょっとpdfの枚数が多く数式もたくさんでてきますが、ご了承ください。

 

Download (PDF, 69KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...