[一般相対論] 固有体積要素

√-g がつくあれ。

相対論の数値シミュレーションではよく

が付いた項を計算することが多々あります。これの正体は一体なんなのでしょうか。それを下記pdfにまとめました。

 

Download (PDF, 42KB)

 

例題として、2次元デカルト座標と2次元極座標の場合も掲載しています。参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...