[星間物理] スピッツァー熱伝導率の導出

ちゃんとした導出がなかったので、やってみました。

室内で暖房をつけていると、暖かい空気が冷たい空気に触れて熱が伝わり、室内がだんだんと暖かくなっていきます。それは宇宙空間でも同じことです。

今回は①古典力学のラザフォード散乱に始まり、②星間空間に満たされているプラズマの性質からどのくらいの頻度で散乱が起こるか、そして③その散乱によって熱が伝わるという、3つの過程を経て、熱伝導率を算出してみました。これをスピッツァーの熱伝導率と呼びます。

詳細な計算は下記pdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 209KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...