1次元HLLD法の解説

最初のl, rの添え字は左側の物理量であるleft state, 右側の物理量であるright state、をそれぞれ表しています。伝達スピードsl, srなどの大きさによって、数値流束Fの値を変えて計算を行うというものが、この手法の大まかな説明です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...