[大学院入試] 東北大天文学専攻2008年大学院入試問題

量子力学の問題は3次元極座標のシュレディンガー方程式についての問題です。角運動量の大きさ、角運動量のz成分の演算子の性質などをおさえていれば、解ける問題でしょう。

 

Download (PDF, 61KB)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...