[磁気流体] パーカー不安定性

太陽フレアに銀河ダイナモ…種々の磁気流体現象の起源。

これはその名の通り、パーカー E. N.によって1966年に理論的に提唱された不安定性です。重力がある場所に磁力線が走っていると、その磁力線に沿って磁気流体が落下していきます。

 

それによって磁力線の間は磁気流体密度が低くなり、浮力を感じて上昇していくようになるのです。

 

この不安定性が成長する条件などの、詳細な計算はpdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 422KB)

 

磁場と重力さえあればどこでも起こりうる、重要な不安定性です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...