[恒星物理学] 太陽の進化

総括

この進化を経路図で示すと以下のような図になる。横軸に星の温度、縦軸に星の明るさを示したこれをHR図(ヘルツシュプルング・ラッセル図)と呼ぶ。

ちなみにではあるが、地球は太陽が赤色巨星になった時点で太陽に飲み込まれてしまう。

 

参考文献: 東北大学理学部宇宙地球物理学科 恒星物理学 II (2009 年度開講, 担当教官: 斎尾英之) 授業テキスト・ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...