[量子力学] 水素原子からの放射、Ly-αやバルマー線

宇宙にありふれた元素からのシグナル。

我々人間が星を見ると『輝いているな』と感じることができます。これは人の目で感じ取れる光、すなわち可視光で星が輝いているからです。ではその可視光は何を元にして、我々の住まう地球へと飛来してきているのでしょうか。それは宇宙にもっとも多く存在する物質である水素からの放射です。放射のメカニズムを完全に理解するためには、量子力学のド・ブロイ条件の知識が必要です。今回はこれと古典力学を織り交ぜた半古典的な見地から、水素の放射を理解してみましょう。

具体的にどのような波長の光が放射されているのか、詳細な計算はpdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 36KB)

 

Ly-α、Hα、Hβ、ともに観測天文学には欠かせないものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...