[電波天文学] 超光速運動

光の速度を越えていいのか!?

答えはイエス、ただし見かけの速さの話です。この現象は宇宙ジェットが吹き出している場所でよく観測されます。最初にその現象が確認されたのは1970年代、クエーサーの観測だったそうです。その後、観測技術と理論の両面が進み、その存在が確かなものになりました。今では宇宙ジェットの噴出速度を解析するのによく用いられます

 

詳細な計算はpdfをご覧ください。

Download (PDF, 155KB)

ちなみにですが、この問題は10年くらい前の東京大学天文大学院入試に出ていました。そのときはたまたま、電波天文学の先生が問題を作成していたのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...