[物理数学] ベッセル関数

円筒座標といえば、この関数。

この特殊関数は、スイスの数学者ダニエル・ベルヌーイによって定義されました。しかし名付け親は、ドイツの天文学者で数学者のフリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルです。円筒関数と呼ばれるように、円筒座標や2次元円運動をする点電荷からの電磁波の理解に欠かせない関数になっています。

ベッセル関数の性質や公式に関して、詳しいことはpdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 291KB)

 

ベッセル関数の式変形は辛かった、でもそれを乗り越えたところに達成感があった。

2 thoughts on “[物理数学] ベッセル関数

  1. 座標変換なんて難しくてとてもダメですが、理解して使いこなせる人のことは尊敬します。
    ほしぞらグループからのリンクですがよろしくお願いします。
    今は太陽を眺める趣味と、太陽光発電の効率計算、技術指導をしています。
    60越えて、まだ大学生二人の親父です^_^;

    1. こんにちは。記事をご覧いただきありがとうございます。
      太陽光発電ですか。太陽は天然の原子炉、そしてそれを電力に変換する技術、とても夢があります。
      大学生のご子息・ご息女が物理系の方々か存じ上げませんが、考え方の一つでも参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...