[電波天文学] シンクロトロン自己吸収効果

電波天文学の大切な観測事実の一つ。

その名の通り、シンクロトロン放射で明るく輝いている星雲内の電子によってそれが吸収されることで、シンクロトロン放射のスペクトルが変化してしまう現象です。

この理解には電子のエネルギー準位の遷移過程、すなわちアインシュタイン係数を用います。詳しい計算はpdfをご覧ください。

 

Download (PDF, 98KB)

 

大切なことはスペクトルが5/2のベキ乗になることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...