[Python] バージョンを最新にする

Pythonを最新にしておくことで、使えるライブラリやツールキットが広がる可能性があります。また世の中の流れとして、Python3.xを使うというのが主流になりつつあるようです。

ここではPythonのアップグレードの仕方をご紹介いたします。

まずはバージョン確認から。

python -V 

私の場合は”Python 2.7.x”と出ました。古いバージョンのままということですね。ではインストール作業に移ります。まずはMacPortsのバージョンを最新にします。

sudo port -d selfupdate 

Pythonのバージョンを切り替えるためのツールをインストールします。

sudo port install python_select 

現在インストールされているPythonのバージョンの一覧を表示してみましょう。

port select –list python 

ここで、listのまえの–はハイフンが2つであることに注意してください。右に(active)とコメントされているものが、現在デフォルトで動作するPythonです。では最新のPythonをインストールします。

sudo port install python36 

そして先ほど入れたバージョン切り替えツールpython_selectを使って、Python36が動くように設定します。

sudo port select –set python python36 

最後にバージョンを確認しましょう。

python -V 

“Python 3.6.x”と出れば、最新のバージョンのインストールが完了したことになります。

 

これで次の記事のMayaviインストールに専念することができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...