[座標変換] ちょっと見慣れない世界地図

子供の頃からグリーンランドがでかすぎないかと思ってました。

皆さんがよく目にしている世界地図を思い描いてみてください。たぶんこんなものを思い浮かべる方が多いかと思います。

かの有名なメルカトル図法です。これは地球表面という球面を、2次元の四角い平面に座標変換を行って書かれたものです。では何がおかしいのでしょうか?答えは北極点と南極点を見ればわかります。この図で北極点はどこでしょうか…と考えると、答えはこの地図の上側の端の線になりますね。つまり長さを持たない点が、有限の長さの線で表現されてしまっているのです。これは面積を無限大に引き延ばしていることに意味します。同様の考え方で、南極大陸もこんなに大きく表示されてしまっています。

これはこれでメリットがあります。それは緯度と経度の線がキッチリカッチリ垂直に交わっていること、つまり人間にとって座標の特定が容易く、利用しやすいのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...